くじら通信…都留どうぶつ病院の院長・スタッフより

tsuruah.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:スタッフの投稿( 64 )

映画と東京

こんにちは!お久しぶりです(^^)
先日、東京のポレポレ東中野まで映画を観に行ってきました。今回はそのことを書きますね。

上映館がここだけとあり、遠いし交通費もかかるし、でもすごく見たいと思わせる映画にパンフレットを通じて巡り合いました。『カレーライスを一から作る』というドキュメンタリー映画をご存知でしょうか。かの有名な探検家・医師の関野吉晴さんと、武蔵野美術大学の学生たちが野菜や米、肉、スパイスや塩まで全部を自分たちで一から作るという途方もない計画を記録したものです。
d0128966_14421022.jpg
 ↑これです。
 生き物と人間の関係性をテーマに卒論を進めているので、この映画の試みはとても興味深かったですし、なにより関野吉晴さんが今の学生に命や食べることをどう教えるのか知りたくて惹かれました。

映画は、たんたんと進んで、学生たちが鳥の飼育(チキンカレーに決まったため)や、農作物を育てることなどに四苦八苦する様子がつなぎ合わされていて、いかに現代の人間が自分の力で食べるものを作る力に乏しいか、という事を突き付けられました。
たびたび学生たちの昼食シーンが映し出されていたのですが、コンビニのおにぎり・パン・惣菜…を無表情で食べる顔を見ると、現代の多くの人が自分の食べ物に関心を持ってなく、どこで生まれ育ち何を食べどのように加工されたのか全然知ることもなく、ただ摂取してるだけの一面があるとわかります。
確かに、そういう社会です。販売の形も確立されていて、それで経済が回ってます。
でも自分のエネルギー源の仕組みを一切知らないでいると、根本的な知識に乏しくて文化の発達に貢献できないのではないでしょうか。
大量消費・快適主義の恩恵を享受する人間の寂しい姿に問題提起したのが、今回の映画でした。

後半で、半年ほど手間暇かけて育てた野菜や鳥が、食べ時を迎えカレーになります。可愛がった鳥も骨まで使い切ることで感謝し、作物があの時は大変だったなどと話し合いながら和気藹々をおしゃべりする学生の様子に、見てるこちら側としてなんか頼もしさとか感じました。
一つの食材を育てるだけでも苦労がありベテランの知恵が必要で、失敗が伴うこともある。それを考えると、毎日同じ形で棚に並ぶコンビニの食品はちょっと不自然に感じますねと答える学生さんもいました。育てるのと食べるのをセットで行ったことで、苦労や発見を食べながら復習できたのでしょうね、このような経験を積んだ人はなんか価値観が豊かになっていくような気がします。

こんな感じで映画を観てました。食べることについて、それまで自分が考えていた疑問とかを整理できた気がします。都留から遠くて、建物がどこにあるか分かんなくて迷子にもなりましたが、ここまで来れて良かったです。

最後に、トークショーにいらっしゃった関野吉晴さんと、監督の前田亜紀さんのサインを頂いちゃいました!
家宝にします(^u^)♡


そして都留に戻る前に、青山のDOLCE&GABBANAへ新しいコレクションを見に行ったのですが…。男性店員とコレクションの話で盛り上がり仲良くなったのですが、なんと彼が青森出身と判明。地元ネタでさらに盛り上がり、高級服屋で津軽弁が飛び交いました。お店の方々、お騒がせしてすみません…。
ご覧の皆様、クリスマスプレゼントの購入はぜひDOLCE&GABBANAをご利用くださいませ!笑

よいお年を。
(和田)
[PR]
by tsuruah | 2016-12-02 14:47 | スタッフの投稿

10月の旅行

少し前になりますが、10月初旬にある団体さん達と一緒に旅行にいってきました。
1泊2日の箱根と熱海旅行…
旅行なんて本当に久しぶりで、2連休を満喫してきました!!

今回の旅行はお手伝いを兼ねたものでお友達とではなかったのですが、色んな人たちとの輪も広がり性別年齢を超えた繋がりが出来てとっても嬉しかったです。

色んなところを見学してきましたが・・・やっぱり一番は食べ物!!!
食べてる間は静かだねなんて言われてしまいました(・・;)

たくさん歩いて、たくさん食べて、たくさん笑った良い旅行が出来ました!
秋は食べ物もおいしくて気温も丁度良く旅行にぴったりの季節ですね。

d0128966_14343139.jpg
箱根彫刻の森美術館 これCMで見た~!!
みんな同じポーズして撮りました


d0128966_14351725.jpg
かまぼこ工場&販売「鈴廣」


d0128966_14354590.jpg
「小田原城」訳あってなかは見学出来ませんでした


d0128966_14362839.jpg
帰りの漁港でお昼♪ お腹いっぱい食べました。


(上野)
[PR]
by tsuruah | 2016-12-02 14:39 | スタッフの投稿

ドッグラン

先日久しぶりに、犬のモカを連れてドッグランへ行ってきました。
休日だったためたくさんの犬がいて初めは固まっていましたが、だんだんと慣れてきて一緒に遊ぶ様子も見られました。
激しい性格の犬たちに囲まれて困っている姿や、他の犬とクンクンにおいを嗅ぎあう姿はとてもかわいかったです。
最近は家でも寝てることが多くなってきましたが、また遊びに連れて行ってあげたいです

d0128966_14485175.jpg


伴野
[PR]
by tsuruah | 2016-10-28 14:49 | スタッフの投稿

こんにちは(^^)

こんにちは(^^)
私は9月1ヶ月間お休みを頂き、小学校で教育実習をしてきました。
毎日母校へ通うのがとても懐かしかったです。

実習中沢山の先生方にお世話になり、沢山学ぶことができました。授業を行うことの難しさを痛感したり、失敗をして落ち込んだりすることもありましたが、先生方からのアドバイスを受け、もっと頑張ろうと思うことができました。
子どもたちの笑顔には毎日元気をもらっていました。毎日お話したり遊んだりした子どもたちとのお別れは辛く、最後に皆へ手紙を渡したり、皆からプレゼントを貰った時は涙が出そうになりましたが、その後担任の先生がフルーツバスケットなどのゲームをする時間を作って下さり、楽しく実習を終えることができました。
実習で学んだことを生かして勉強に励んでいきたいと思います。

都留へ戻ると、朝晩とても寒くなっていて秋を感じました。私は実習前に風邪を引いてから長引き、実習中喘息になってしまいました。体調管理をしっかりとできなかったことも反省点です。今は症状も治まりましたが、これからどんどん寒くなっていくので、また風邪を引かないよう気を付けたいと思います。
皆さんもお体に気を付けてお過ごしください。

写真は、最後に子どもたちに渡した手紙の封筒です。子どもたちに人気のある、そして私も大好きな(笑) コマさんを描きました。

d0128966_1203238.jpg


(加藤亜弥)
[PR]
by tsuruah | 2016-10-19 12:00 | スタッフの投稿

新作花火競技大会2016

今年も諏訪湖で開催される全国新作花火競技大会に行ってきました。
以前はお盆の諏訪湖の花火に行っていましたが、
ここ何年かは9月の新作に行っています。
今年は動画で撮ってばかりであまり写真がないので
昼間の場所取り地獄の諏訪湖畔と
ちょっと手振れの花火写真ですがこんな感じです。
花火のタイトルも忘れました…

d0128966_12395943.jpg


d0128966_12402135.jpg


今年の私のお気に入りはレインボールという準優勝作品でした。

どれも花火だけでも綺麗でしたが、有料観覧席のあるメイン会場では
花火に合わせて音楽もかかっているそうでぜひそんな場所でも見てみたいです。


花火大会といえば我が家は諏訪の花火のほかに、
ほぼ毎年忍野八海まつりの花火も行っています。
目の前で大きな花火があがるので、風向きによっては花火の燃えカスも降ってきて
地響きもすごくて、臨場感はどこの花火大会にも引けを取りません!!!
他にはない独特の空気感も大好きです。

どちらもおすすめの花火なので
機会があれば是非行ってみてください。

(広瀬)
[PR]
by tsuruah | 2016-09-26 12:35 | スタッフの投稿

新調したカーテン

はじめまして、夏から新しく入った飯田です。\(`目x目’)/
都留市に来て初めての九月です。まだまだ暑い日が続きますが、
もう十五夜が過ぎてしまったことを皆さんは知っていますか?
いつの間にかセミの声がなくなり、栗の木が実を落としはじめ、
ああ、秋になっていくんだなぁと感じております。



さて、都留市の「つ」の字も知らない私ですが、寒さに備えて便利なカーテンを買いました。
遮音性、遮光性、遮熱性に優れる、巷でちょっと有名かもしれないカーテンです。
これで寒い冬も、隣人との騒音トラブルもばっちり解決(?)してくれるはずです。
左右で違う色にしたのは個人的な趣向ですが、この二色は偶然にもこの病院の制服と
同じ色であると気づきました。
そういえば赤と青って、なんだか秋と冬みたいなイメージがありませんか?
今の季節ピッタリかも知れないと思って写真に収めました。


d0128966_12293152.jpg



もしも色が違えば、このカーテンがブログのネタにされることはなかったでしょう。
一人暮らしをはじめて、色違いカーテンを始めとして変な趣向が開花しつつあります。
皆さんもどうかお気をつけて。



水道が凍結するという話は本当なのでしょうか、雪はどのくらい積もるのでしょうか、
冬は一層アイスがおいしいという……。
新参者の疑問は尽きません。



(飯田)
[PR]
by tsuruah | 2016-09-26 12:30 | スタッフの投稿

開院12周年


こんにちは!
8月も下旬になりあっと言う間に夏が過ぎようとしていますね。。
今年は猛暑になるなんて予想されていましたが、そこまで暑い日が続く訳でもなく
もうすでに家では窓を開けたまま寝ると、朝方寒くて目が覚めます(^_^.)

8月15日で当院は12周年目を迎えました!!!

そして今年も行ってきました、富士山へ(^_^)
先生一家とスタッフの恒例行事になりつつあります。
今年は、登り6時間 下り3時間程度で帰ってきました。
参加人数が少なかったせいか、去年より少し早めのペースで行くことができました。

山頂でお鉢めぐりをしようと出発しましたが、かなり雨が降り諦め下山しました。
とっても寒かった…
来年はご来光を見るのとお鉢めぐりが目標です(・・;)
登山に必死になりすぎてあまり写真を撮っていませんでした・・・残念。



そしてつい先日病院でスッタフが集合し、バーベキューをしました!
天気が心配でしたが、日頃の行いが良いのか?すごーく良いお天気になり
とっても楽しい時間を過ごす事が出来ました!


まだ暑いですが、昼間と朝晩の気温差が激しくなるこの時期、人もですが動物も
体調を崩しやすくなります。気を付けましょう!

                                  (上野 杏子)
[PR]
by tsuruah | 2016-08-31 13:44 | スタッフの投稿

むかしむかしあるところに

お久しぶりです、和田です!)^o^(
書いている今、台風10号が接近していまして外の様子がちょっと怖いです!(笑)
どうか、東北へのダメージが少なく済みますように…特に、青森のりんごへの被害がとても心配です。


最近の私のことですが、大学の勉強(文化人類学とか)も、趣味(洋服集めとか博物館めぐりとかとか)も充実しつつあります。

大好きな映画鑑賞も、色んなカテゴリーを見るようになったのですが、先日観てとても感動した映画は『奇人たちの晩餐会』(1998年、フランスのコメディ)です。「バカ」でおっちょこちょいなオッサンが繰り広げる惨事に終始笑いっぱなしでしたが、その中で思いやりや優しさ、大切にしたい人間関係について自分はどう向き合うのかという問いを突き付けられました。いっそのこと、Amazonで買っちゃいましょうかね…。


さて本題ですが、「日本の昔話」が自分のなかでキテます!


今は青森と岩手、そしてここ山梨の昔話の本を図書館で借りてるんですが、読むとほんとうにおもしろいですね。歴史も生活も生活様式もすべて丸わかりで、デフォルメされてる部分もあるんで注意は必要ですが、文化人類学的にはいい資料になります。
 いろいろと読んでみたのですが、青森の民話、特に津軽弁で伝えられた物語は、いざ文字に起こすと濁点が多くて読みにくい!ってことに気が付きました。普段何気なく話す方言を、客観的にみると難解で異様な響きを持っているのですが、一方で“標準語”にはない味わい(?)があって、すこし魅力的に感じました。

ここで津軽の民話の会話部分を少し紹介しますね。
 <あらすじ>
夫婦のもとに待望の男の子が生まれ、大喜びしたその夫婦は「鶴亀、松竹、椿のむすこのつぎょうツポンコ」と変わった名前を付けます。その子は大きくなって、毎日元気に近所の子どもたちと遊ぶのですが、ある時井戸に落ちてしまいました。
梯子を借りようと近所の家々を回る友達は
「鶴亀、松竹、椿のむすこのつぎょうツポンコ、井戸サ落ぢたハァ、梯子っコかしてけ」
(訳:鶴亀、松竹、椿のむすこのつぎょうツポンコ、井戸に落ちたから梯子を貸して)
と、家々を訪ねるのですが、どこの家も都合悪いことに
「わいわいわい。おめぇだぢの梯子っコ、かれできてらけんども、隣で要るテ、かれでいてしたじゃ」
(訳:あらあらあら。君たちの(必要な)梯子は借りてきてはいるんだけど、お隣さんが要るって持っていちゃったのよ~)
と、答えます。そうしてようやく梯子を持って来た時には、かわいそうなことに、鶴亀、松竹、椿のむすこのつぎょうツポンコは溺れてしまっていました。<終>

津軽版の寿限無ですよね!
きっと交易の過程で日本各地に似た物語が見られるんだと思います。

バッドエンディングの話ですが、もともと津軽地域の人たちは皮肉とか、ひねくれた冗談が好きです。きっとこのような話が、感性を育て、共通の笑いのツボを生み出していったんでしょうね。
 また、語り継がれる物語は、時として武士(などの権力機関)を風刺する機能があります。この話の背景には、圧政や服従にしびれをきらした民衆が、無駄に名前の長い武士のことを陰でこそこそと笑いあっていた、ということが関わるのかもしれませんね…。



昔話は、『定本 日本の民話』(未來社)のが簡潔で読みやすく、地方の言い回しがふんだんで、おすすめです!

ですが、私は字を読むのが苦手でして(飽きるのでずっと机にむかっていられない)、そんな時は映像に手を出します。
ぜひとも観ていただきたいのが『まんが日本昔ばなし』です!!
絵もナレーションも時間構成も、すべてが完璧です。
私の中では『大工とねこ』が強く記憶に残っています。自分ができる、精いっぱいの優しさを大工とねこが互いに与えるのですが、もの悲しさも感じますがほっこりします。


たまーにめちゃくちゃ怖いエピソードにぶち当たるのが、まんが日本昔ばなしの醍醐味です。
『飯降山』は、めちゃくちゃ怖くてトラウマになります、絶対に観てはいけませんよ♪


以上、和田の近状報告でした。
こごとって、とっちばれ
(訳:これにて、めでたしめでたし。―津軽の結びの句―)
                   
                         (和田)
[PR]
by tsuruah | 2016-08-31 13:42 | スタッフの投稿

アマガエル

年中の息子、虫を触るのは苦手なのですが興味はあるようで、色々なものを飼いたがります。カブトムシ、クワガタ、おたまじゃくし、アメンボ、カタツムリなどなど。
先日はカエルを捕まえて、飼うと言い出し家を準備。

d0128966_13134661.jpg



ここまでは良かったのですが、調べてみるとエサは生きた虫とのこと。私はカエルは触れるのですが、基本的に虫は苦手なので、エサの捕獲ができない・・・ということで、説得し次の日には田んぼへ逃がしました。秋の虫、カマキリなどは大の苦手なので、今から恐ろしいです。                                 

伴野
[PR]
by tsuruah | 2016-08-02 13:15 | スタッフの投稿

こんにちは

こんにちは ( ^ ^ ) 
7月は暑い日が多かったですね。皆さん熱中症などにはお気を付け下さい。
 私は5月から7月の間、週に一度近くの小学校に行っていました。先日最後の活動日を迎え、子どもたちとのお別れがとても悲しかったです。毎回学習支援をする中で反省することや学ぶことが沢山ありましたが、何より子どもたちが話しかけてきてくれるのがうれしくて毎回とても楽しかったです。
 そして、小学校に行くうちに私がすごく好きになってしまったものがあります。それは妖怪ウォッチのコマさんというキャラクターです(笑)  コマさんは田舎から来た狛犬の妖怪で、話し方がとても可愛いです。小学校に行く前からこのキャラクターを知ってはいましたが、子どもたちと会話をしたりして気になって動画をみるとハマってしまいました。最終日にコマさんのイラストを子どもから貰ったりして本当にうれしかったです。

この間東京に行く機会があり妖怪ウォッチの専門店があったので見てきました(笑)

d0128966_139345.jpg


 見ているととても和んだのでつい購入してしまいました。(笑)
 将来は本物の犬と暮らしたいです。
 
(加藤亜弥)
[PR]
by tsuruah | 2016-08-02 13:10 | スタッフの投稿
line

臨時休診日/診療時間変更は、下の「カテゴリ」の"診療時間変更・臨時休業のお知らせ"をクリックしてご確認ください。


by tsuruah
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite