くじら通信…都留どうぶつ病院の院長・スタッフより

tsuruah.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

点眼のコツは?

まだまだ寒い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしですか?
私事ではありますが、今回も愛犬についてお伝えいたいと思います。

シーズーのちゃちゃまるですが、2週間位前から両眼の眼脂(目やに)と結膜の充血が見られたので毎日出来るだけ点眼をしています。病院では大人しく点眼が出来ますが、家では毎回とても嫌がるので苦戦しながらも頑張っています。
皆様のわんちゃん・ねこちゃんは良い子に点眼させてくれますか?点眼を嫌がって上手く出来ないという飼主様も多いのではないかと思います。
そこで、点眼の仕方を簡単に説明します。

1、鼻先が長いわんちゃんは片方の手で頭を少しあげるように鼻先を固定し、鼻先が短い短頭種のわんちゃんとねこちゃんは顔全体を固定します。目の前から点眼しようとすると恐がったり、点眼前から嫌がってしまいます。点眼薬が視界に入らないように、手を頭の後ろから持っていきます。

2、もう片方の手で瞼を上に引くようにすると眼が開きます。

3、点眼薬の先が眼に触れないように気をつけ、なるべく眼の上部分に点眼します。

4、あふれた目薬はふきとります。

私は点眼の時におやつで気を反らし、点眼が出来たらおやつをあげて沢山褒めています。我慢したら良いことがあることを覚えてきたのか少しずつですが慣れてきました。点眼で悩んでる方がいるかと思いますが、少しずつ慣れさせて行きましょう。
(荻窪 ゆかり)
[PR]
by tsuruah | 2008-02-28 18:06

危険な食べ物に注意

2月14日はバレンタインデーでしたね。
チョコレート大好きな私にはとっても楽しいイベントですが、ワンちゃんにとってチョコレートは中毒を起こす原因になります。体重5kgの子は100gの板チョコ約1枚で致死量です。
1月には甲府で散歩道に劇薬の付いたから揚げが置かれ、それを食べたワンちゃん達が中毒をおこし病院へ運ばれる事件が相次ぎました。毎日の散歩を楽しみにしている我が家のワンコ達にも他人事ではありません。特にとめちゃんは何でもすぐ口に入れてしまう食いしん坊です。室内飼育されるワンコが増えてきた近年、異物を食べて病院に行くペットが増えています。室内では人の食べ物の他にタバコや観葉植物、アクセサリーなどワンコの届かない場所に保管しましょう。この季節、車の不凍液は甘い味がする為、なめてしまう子もいるようです。身近な所に中毒の原因はたくさんあります。何か食べてしまったかも!!という時はまず病院へお電話ください。たまに塩をなめさせて吐かせると書いてある本がありますが、高カリウム血症になってしまうこともあるので絶対に行わないでください。
(中村 歩)

「食いしん坊の人、こっち向いて~」
d0128966_2133595.jpg

[PR]
by tsuruah | 2008-02-23 21:30

爪切り

今年は雪がよく降りますね。私たちスタッフは皆車で出勤しているため、今年はよくドキドキさせられています。車を運転される方はお互いに安全運転を心がけましょう。

d0128966_17564045.jpg


先日、うちの愛犬(コロ)の爪切りを家でしました。コロは爪切りが苦手です。なのでいつも爪切りをしている時は不安そうな表情をしています。だからコロの負担に出来るだけならないように素早く終わらせるようにし、必ず終わったらご褒美をあげています。
散歩をたくさんする犬はアスファルトを歩くことによって爪が自然に擦り減ったり、猫は爪を研ぐことによって爪切りの必要がない場合もありますが、爪は伸びすぎると歩きづらくなってしまいます。まっすぐ下に伸びていた爪が次第に横向きに伸び、肢全体が変形したり、部屋のじゅうたんなどに引っ掛けて折れたり、爪の先端が肉球に刺さってしまうこともあるので定期的に切るようにします。
その時、動物に負担をかけてしまうと爪切りが嫌いになってしまう子もいるので、やさしく声をかけながらしたり、終わったらたくさん褒めてあげ大好きなご褒美をあげるなどして爪切りが嫌だと思わせないように頑張ってください!

それでも家で爪切りを簡単にさせてくれる子はいいですが、暴れてしまいとても家では出来ないとか、怖くて出来ないということなら一度病院にご相談ください。
爪切りや保定の方法を教えることも出来ますし、病院でスタッフが爪切りをすることも出来ます。病気の予防・日々のケアとして定期的に爪切りで来院されるワンちゃんも多いです。
(志村 仁美)
[PR]
by tsuruah | 2008-02-21 17:57

癒しのニャン達

我が家にはネコが2匹います。まだ目も開かないうちに知り合いから譲り受け、それから10年以上たち、毎日元気いっぱい自由奔放に暮らしています。

d0128966_845685.jpg


最近では、完全室内飼育のネコちゃんが増えてきていますが、我が家のネコは外出大好きです。自分で窓を開けて外出したりもします。出たり入ったり、寝たり食べたり、本当に自由です。
ネコ2匹のうち、ポポ(去勢オス)は外に出てもすぐに戻ってきます。帰ってこないなぁ・・・と思っても、名前を呼べばどこからか走って帰ってきます。しかし、ハナ(避妊メス)は夜も帰ってこないことがたまにあります。家族みんなで心配していても、朝には何事もなかったかのように帰ってきます。そしてガツガツ食べて爆睡です。たまに鳥やネズミをくわえて、得意気に帰ってくることもあります。首輪もどこかに引っ掛けてしまうのか、よくなくしてきます。

ネコの行動範囲は、一般的に半径500メートルくらいと言われていますが、いったいどこで何をしているのか見てみたいものです。きっと冒険したり、日向ぼっこをしたり、気ままに過ごしているんでしょうね。ただ、やっぱりネコの為には最初から完全室内飼育で育てればよかったと思っています。怪我をして帰ってきたり、迷子や事故の可能性もあります。ネコは家の中だけでも、充分幸せに過ごせるので。
ネコを飼っている人にとって、そんな自由気ままな姿が、たまらなくかわいいですよね。
寒さに弱いニャン達にはつらい季節ですが、コタツで丸くなっている姿に毎日癒されています!皆様のニャン達もどうか元気に冬をのりきれますように。 
(伴野 真奈美)
[PR]
by tsuruah | 2008-02-13 08:05
line

臨時休診日/診療時間変更は、下の「カテゴリ」の"診療時間変更・臨時休業のお知らせ"をクリックしてご確認ください。


by tsuruah
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite