くじら通信…都留どうぶつ病院の院長・スタッフより

tsuruah.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月のムシムシ

お久しぶりでございます、飯田です。(`□-□

この記事が載るころにはもう梅雨の季節でしょうか。

カビとか湿気を気にしないと大変ですね。イヤダナー(・_`

本当にムシ暑いです。ムシ、、、。

さて、今回は富士吉田市に旅行に行ってきました。

とか、そんな立派な話題も無いので、このぐらいの季節に家の近く、家の中に

入ってくる楽しい仲間たちムシを紹介します。苦手な方はそっとブログを閉じてください。

(~~ムシ注意!!!~~)

d0128966_08445327.jpg

なんだろうこの黒目の大きなキモカワ生物は。調べたところ、ヘビトンボというらしいです。

幼虫はムカデに似ていて、、、どちらにせよ部屋で会いたくはありませんね。

2016.6.26撮影


d0128966_08450441.jpg

クモです。ちょっと可愛い方の。ハエトリグモ?でしょうか。

 こんなのが頭から落ちてきた日にはトラウマものです。

 、、、はい。

 2016.7.24撮影

d0128966_08451338.jpg

体が細いので醜い見難いのですが、

 すらっと長く伸びた足が特徴のユウレイグモ。

 風呂場に巣を張ることもあります。

 クモがいるということは、その餌もまた近くに、、、

 2017.5.22撮影


もうだいぶ慣れました。というのも、そんな彼らを捕まえられる一工夫をしているからです。

大きなジャムのビンをフタと共によく洗っておき、簡易ムシ捕獲器として使います。

(ペットボトル等を切り取っても使えます。)

1.ムシの付いている壁に口の方からサッと被せます。

2.彼らが底の方に来た瞬間を狙ってフタを被せます。

3.そのまま鑑賞するもよし、外に逃がすもよし、スプレーするもよし。

よほど暇になったらお試しください。

飯田



[PR]
by tsuruah | 2017-07-01 08:49 | スタッフの投稿

カブトムシ

知り合いからカブトムシの幼虫をもらい、初めてカブトムシ飼育をすることになりました。

姉妹で育った私は、小さいころから虫とは無縁でカブトムシの幼虫なんて見たこともありませんでした。もらった時に入っていた入れ物から家の虫かごに移すときに、新聞紙を広げ土ごと出してみると、ゴロゴロと白い大きな幼虫が出てきて、悲鳴をあげて逃げてしまいました。しかし飼うからには、しっかりと成虫にして子供に見せてあげたい!と奮起し、色々と調べていくうちに…だんだん楽しくなってきてしまいました。

変化が見やすいようにペットボトルで飼育したり、トイレットペーパーの芯に移してみたり。そして先日ついにさなぎになる瞬間を目撃することができました!あとは成虫になるのを待つだけ、立派なカブトムシになるのを楽しみに待っています。                         

d0128966_08395617.jpg
d0128966_08400843.jpg
               伴野


[PR]
by tsuruah | 2017-07-01 08:42 | スタッフの投稿
line

臨時休診日/診療時間変更は、下の「カテゴリ」の"診療時間変更・臨時休業のお知らせ"をクリックしてご確認ください。


by tsuruah
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite