人気ブログランキング |

くじら通信…都留どうぶつ病院の院長・スタッフより

tsuruah.exblog.jp ブログトップ

ブラッシングについて

日ごろ、皆さんはワンちゃんネコちゃんと遊んだり撫でてあげたりしてスキンシップをしていると思います。さらにお手入れの一つとしてブラッシングをしている飼い主さんも多いかと思います。そのブラッシングは、皮膚や毛についた汚れや抜け毛を取り除いたり、もつれた毛をほぐしたり、また血行を促して新陳代謝をよくする目的もあります。シャンプーをしなくてもブラッシングをするだけでかなりキレイになります。そして、ブラッシングのときにひと手間加えるとよりワンちゃんネコちゃんの健康維持に役立つことをお伝えしたいと思います。

もちろん知っている方もいると思いますが、ブラッシングは毛の流れにそってブラシするだけでなく、毛の流れに逆らってブラシするやり方もあります(種類や毛の長さの違いでブラッシング方法にも違いはあります)。
当たり前と思う方もたくさんいると思いますが、毛の流れに逆らってブラシすることで直接皮膚を見ることが出来るのです。それがなぜ健康維持に役立つのかと言うと、毛をかき分けて直接皮膚を見ることによって皮膚の状態のチェック・皮膚に異常があれば発見することも出来るからです。毛の流れだけにブラシしていたのでは、毛に隠れてしまい皮膚を見ることは困難になります。

ある日の診察でワンちゃんの皮膚がフケっぽく、かさぶたができていたので飼い主さんに話を聞いたところ、最近よく掻いていたのでワンちゃんの気を紛らわすために体を頭からおしりに向けて毛の流れにそって撫でてあげていたそうです。しかし、皮膚を見ていなかった飼い主さんは病院で初めて掻いていた所の皮膚を見て、フケとかさぶたに気づいて驚いていました。

ブラッシングをする場合は、手で毛を分けながら、多くの毛をとかそうとせず、少量を毛先から根元へととかしながら少しずつとかす場所を移動するようにしてください。このように毛の流れにそってブラシし、ある程度ほぐれたら毛の流れに逆らってブラシもして、ワンちゃんネコちゃんの健康維持のためにも日ごろから皮膚の状態も一緒にチェックしてあげてください。
(志村 仁美)
by tsuruah | 2008-03-19 21:51
line

臨時休診日/診療時間変更は、下の「カテゴリ」の"診療時間変更・臨時休業のお知らせ"をクリックしてご確認ください。


by tsuruah
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite